室内活動(自由遊び)

年齢 ねらい 内容 ニックネーム
保育実践振り返りシート 5歳児 『幼児クラスの集まりに主体的に参加する』(集まりの中で自分の意見を伝える)

話についていけない子もいるのかで、話が進んでいく。話をする子と、そうでない子に大きく分かれる。

staff-admin
保育実践レター 3歳児 初めて歌う歌を楽しく歌う

初めて歌う歌を歌う時に、歌詞だけでなく、その下にイラストを描いたことによって、子どもたちがあっという間に歌詞を覚えてしまいました。また、イメージができるようになったためか、今まで怒鳴って歌い、保育者に注意されていた子も、怒鳴ることがなくなりました。

staff-admin
保育実践振り返りシート 3歳児 初めて歌う歌を楽しく歌う

子どもたちは、保育者の伴奏に合わせて、なんとなく歌っている。模造紙に書かれた歌詞を見るが、理解できている子どもは少ない様子。また、時には怒鳴って歌う子もいて、保育者が伴奏を止めながら注意することもある。

staff-admin
保育実践振り返りシート 3歳児 各コーナーでそれぞれの子どもが遊びこむ

走り回る子が多く、各コーナー遊びこむ様子は見られない。製作コーナーはほとんど子どもたちがいない。

staff-admin
保育実践振り返りシート 4歳児 それぞれのコーナーで子どもたちが遊び込む

ままごとコーナのものを絵本コーナーに持って行ったり、動的遊びコーナに持っていたりしていて、それぞれのコーナーが、そのコーナーで遊ぶスペースになっておらす、混ざり合っている状態。時には、ままごと道具を、絵本コーナーや動的な遊びのスペースに投げる姿も見られる。また、机上で折り紙などで游んでいる子どもたちも少しの間は座って遊んでいるが、動的な遊びなどが気になり、動的な遊びにつられてか、机の周りで走り回る姿も見られる。

にこにこ
保育実践振り返りシート 1歳児 子どもたちがゆったりと自由遊びの時間を過ごす

おもちゃの取り合いが絶えない。走り回っている子と遊んでいる子がぶつかってトラブルになる状態。

にこにこ
保育実践振り返りシート 2歳児 朝の会で歌を楽しむ

朝おやつをイスに座ってテーブルで食べた後に、壁に「お壁ぺったん」で並ばせる。保育者①が真ん中のテーブルにキーボードを置き、全体を見ながら演奏。しかし、走り回る子がいたりし、その都度保育者②が元の場所に誘う状態。

にこにこ
保育実践振り返りシート 4歳児 一人ひとりの子どもたちが遊び込む

全園児がテラスの園庭に行く際に、この部屋を行き来する。また、職員の更衣室に行く際もこの部屋を行き来するため、人の行き来がとても多い。そのためか、子どもたちが遊び込めていない。

にこにこ
保育実践振り返りシート 1歳児 子どもたち一人ひとりが遊び込む

保育者も工夫しているが、遊び込める子が少なく、走り回っている子もいるため禁止や注意が増えてしまう。

にこにこ
保育実践レター 2歳児 電車遊びを充実させる

子どもたちは、模造紙に書かれた線路の上を、牛乳パックの電車で走らせるのを楽しんでいます。模造紙は1枚ずつ切り離せるので、遊んでいる状況に応じて模造紙の配置を変えています。

にこにこ
保育実践レター 4歳児 廊下を走らないようにする

子どもたちは走らなくなり、ケンパーを楽しむようになりました。そのため、保育者の注意も減りました。

よっちゃん
保育実践レター 5歳児 子どもたちが使いやすいようクレヨンと色鉛筆を準備する

子どもたちが好きな色を選んで持っていくことにより待つことがなくなるとともに、とても取り出しやすくなりました。

ゴリラ
保育実践レター 0歳児 夕方の室内遊びを落ち着いて過ごす

眠くなる2名の子をおんぶすることで、2名の子も落ち着いて眠ることができまた保育者2名も両手が空くので、以前と比べて遊びに十分にかかわることができるようになりました。そのため、以前に比べて全体的に落ち着いて過ごすことができるようになってきました。

パンダ
保育実践振り返りシート 0歳児 一人ひとりの子どもたちが製作活動を楽しむ

シールを使った製作を行う。テーブルを4台に分けてできる限り個別対応を行うが、途中で飽きてしまう子もいて、いつも慌ただしくなてしまう。

パンダ
保育実践振り返りシート 1歳児 子どもたち一人ひとりがじっくりと遊び込む

遊びに集中できない子が多く、友だちが作ったおもちゃを取ったり、倒したりしてけんかが起きかみつきも起きている。

パンダ